ブラックOK審査甘いスマホ・携帯電話

ブラックOK審査甘いスマホ・携帯電話
スポンサーリンク
  • 「金融ブラックだけどドコモ、au、ソフトバンクのスマホを持ちたい」
  • 「スマホ本体を分割払いしたいけど審査に通るか不安」
  • 「ahamo(アハモ)、povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)を利用したい」
  • 「ブラックでも楽天モバイルは契約できるか知りたい」
  • 「携帯ブラックになってしまい困っている」
  • 「金融ブラックの状態でMVNO(格安スマホ会社)を利用できるか知りたい」

このような事でお困りの方やお悩みの方向けに、ブラックOK審査甘いスマホ・携帯電話について解説していきます。

スポンサーリンク

ブラックOK審査甘いスマホ・携帯電話は存在する

スマホ・携帯電話

金融ブラックになっている場合、クレジットカードカードローンなどの信用情報を共有している信用情報機関に金融事故情報が登録されているので、スマホ・携帯電話を契約する際に端末を分割で購入すると審査に落ちてしまうので注意が必要です。

また、スマホ・携帯電話の端末は、審査なしで分割購入することはできません。

3大キャリアと契約するには、端末を一括で購入すれば問題ありません。但し、携帯ブラックと呼ばれる携帯電話料金未払いが続いている状態の場合、その料金を支払わない限り契約が出来ません。

金融ブラックと携帯ブラックは信用情報の管理が異なるので、金融ブラックでも端末の一括購入や端末を購入しなければ契約は可能です。

ブラックリストに登録されていて契約ができない方は、審査甘いスマホや携帯電話の利用を検討することができるでしょう。

金融ブラックとは

ブラックOK 3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホ・携帯電話を利用する方法

ブラックOKで3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホ・携帯電話を利用する方法はたくさんありますので、それぞれの契約の特徴を紹介していきます。

【ブラックOK】3大キャリアでスマホ・携帯電話の本体を一括払いで契約する

スマホ・携帯電話を購入したいものの、ブラックリストに載っているためクレジットカードなどが利用できないという方もいるでしょう。そのような場合には、スマホ・携帯電話の本体を一括払いで契約するという選択肢もあげられます。一括払いにすることでクレジットカードなどを利用する必要がないため、その場で契約できます。

実際に一括払いを利用したい場合、いくつか注意が必要な点もあります。注意点となるのが、一度にスマホ・携帯電話の料金を払うため、支払金額が多くなるという点です。機種によっては10万円近くすることもあるので、予算を考慮したうえで購入を検討しましょう。支払える金額が少ない場合には、予算に応じて安い機種を選択するなどの工夫も必要です。

【ブラックOK】スマホ・携帯電話の本体を0円で販売している正規取扱店で契約する

スマホ・携帯電話で本体が0円をうたい文句として販売している会社が存在することはご存じの通りです。実際にそのような会社と契約するにはどうすればよいのかや、なぜ0円なのかということをご紹介します。

まず契約は普通のキャリアと契約する際と全く同じで、身分証をお店に持参することで契約することが可能です。なぜスマホ・携帯電話の本体が0円なのかということを解説します。

このような契約では年単位の縛りがあり、この期間に利用することにより、運営会社がその本体代に見合った利益を得ることが可能であるため、本体代を0円として販売が可能となっています。反対にその期間内で解約しようとすると、違約金が高くなる可能性があることに留意しておく必要があります。

【ブラックOK】SIMフリーのスマホ・携帯電話をキャリア以外で購入して契約する

皆さんのスマホ・携帯電話はどのキャリアをお使いでしょうか。最近では、格安SIMを提供している会社がたくさんありますが具体的な乗換え方法などをご存じない方は多いのではないでしょうか。今回はその具体的な乗換え方法をご紹介いたします。

今お使いのスマホ・携帯電話がキャリア製のものをお使いの方はお使いのキャリアにSIMロック解除の手続きを行うことで、その端末の受信可能な電波帯を使っている格安SIMをお使いいただくことができます。

新たにスマホ・携帯電話を購入することをお考えの方では購入する端末を選ぶことで可能になります。そういった方はSIMフリー端末を購入することにより、格安SIMを提供している通信会社のサービスを利用することができます。

スポンサーリンク

ブラックOK 3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外のスマホ・携帯電話を契約する方法

スマホ・携帯電話を購入する際にブラックリストに載っていると、特に3大キャリアでの契約は難しくなります。

一方でネットだけで完結する中小のキャリアは比較的審査が甘く、承認される可能性があるので試してみることが可能です。特に海外法人などは、より審査が甘くなることがあるので試してみると良いでしょう。

ネットでの申し込みだと、本人証明も画像データのやり取りで完結することがほとんどで、面倒な書類作成なども基本必要ないです。

【ブラックOK】口座振替・デビットカード支払いが可能な格安スマホ会社を利用する

大手キャリアだと支払いはクレジットカードが主流になり、特に過去に滞納などをしていてブラックだとまず契約が出来ません。

ただ、口座振替やデビットカード支払いなどが可能な格安スマホ会社も一部のところでは行っています。気になるのがデビットカードや口座振替だと、審査が問題なく通るのかですが、基本的に審査内容が開示されることがないので支払い方法で影響が出るかは判定は難しいです。

過去に料金の滞納歴があると支払い方法に関係なく審査に影響が出ますし、格安スマホ会社側からすると残高不足で資金回収出来ないリスクがあるデビットカード支払いなどの契約は出来るだけ避けたいのが本音であり、審査がよりシビアになる可能性も高いです。

【ブラックOK】格安SIM会社のプリペイドSIMを利用する

携帯電話が欲しいものの、ブラックリストに載っているので契約ができるか不安という方もいるかもしれません。そのような場合には、格安SIM会社のプリペイドSIMの利用を検討するのも1つの手です。

プリペイドSIMは、簡単な手続きで使うことが可能です。そしてプリペイドタイプは、支払った額に応じて一定の期間だけ使える使いきりタイプになります。使いきりタイプのため、短い間だけSIMを使う必要がある方などにも適しています。

契約の際の審査などもないため、ブラックリストに載っている方でも利用できます。また利用できる格安SIM会社の選択肢も豊富なため、どのような選択肢があるのか把握して、自分に合った形で利用できるようにしましょう。

【ブラックOK】スマホ・携帯電話のレンタルを利用する

レンタルスマホは、通常のようにドコモやau、ソフトバンクなどのスマホ・携帯電話のキャリアと契約するのではなく、スマホ・携帯電話のレンタルサービス会社との契約となります。

そのためキャリアと契約する場合のような、契約前の審査がありませんし、利用開始まで待たされることもありません。もしもブラックリストに載っているなどの理由でキャリアの審査に落ちた人でも、スマホ・携帯電話のレンタルサービス会社との契約であれば、スマホがすぐに利用できるのです。

しかもキャリアとの契約であれば、毎月スマホ・携帯電話の料金を支払い続けなくてはいけませんが、レンタルの場合は使いたい期間だけ契約できるので、スマホ・携帯電話料金の節約にもなります。

大手キャリアの格安料金プラン(アハモ、povo、ラインモ)と楽天モバイル

2021年より大手キャリアで導入された、ドコモのahamo(アハモ)、auのpovo(ポヴォ)、ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)は、3大キャリアの既存プランと同様に金融ブラックの場合、スマートフォン本体を分割払いで契約することは難しいでしょう。

スマホ本体を一括払いで契約するか、SIMフリーのスマートフォン本体をキャリア以外で購入して契約するかの方法なら契約することは可能です。

格安スマホキャリアの楽天モバイルも同様に、金融ブラックの場合はスマホ本体の分割払いでの契約はできません。

ブラックOK審査甘いスマホ・携帯電話は、金融ブラックで審査に通らずお困りの方やお悩みの方におすすめ

一般的に大手キャリアのスマホ・携帯電話だと審査が厳しく、過去にブラックなどになった人は通らなくなります。

ただ、中には審査の甘いところもあり、ブラックでも利用が可能なプリペイドスマホや格安SIMがあります。他にもレンタル携帯がありますが、長期間の利用の場合、金額が高いのであまりおすすめではありません。

プリペイドスマホだと難点が多いので、おすすめなのは月額や通話料が安い格安スマホです。一部の業者は携帯ブラックなどでも契約ができます。

格安スマホ・格安SIMと言われるところは、大手キャリアの回線を利用し自社ブランドで色々な企業が参入しています。音声や通話SIMと言われるものなら、070/080/090番号が発行されるので普通のスマホ・携帯電話と変わらず使えます。

料金は月額1,000円程度からで、高速データ通信を使いたい容量で違い月間3GBプランなら1,600円、月間5GBプランなら2,000円と色々揃ってます。高速データ通信容量を超過しても追加請求がなく、そのあとも低速に制限されますが、使い放題でインターネットも利用可能です。

タイトルとURLをコピーしました