ブラックOK審査甘い住宅ローン

ブラックOK審査甘い住宅ローン
スポンサーリンク
  • 「金融ブラックだけど住宅ローンを組めるのかわからない」
  • 「ローンが組めないけど家が欲しい」
  • 「住宅ローンが通らない時の最終手段を知りたい」
  • 「審査の甘い住宅ローンを探したい」
  • 「ブラックでも家を建てる方法がないか相談したい」
  • 「信用情報に不安があるが家を買いたい」

このような事でお困りの方やお悩みの方向けに、ブラックOK審査甘い住宅ローンについて解説していきます。

スポンサーリンク

ブラックOK審査甘い住宅ローンは存在する

住宅ローン

家を購入するときには、自己資金として頭金を支払う事が一般的ですが、ほとんどの場合住宅ローンを組むことになります。

政府系金融機関や銀行など、住宅ローンを取扱っている企業はごまんとありますが、審査なしで利用することはできず必ず審査を通過しなければなりません。経済的に金融機関の審査が難しいようであれば、審査甘い会社を探すことになります。

まず、インターネットで審査から融資実行まで完了する住宅ローンは、比較的審査が甘いとの口コミが多く見受けられます。

ブラックリスト入りしているとなると、住宅ローンの審査を通過するのは困難です。信用情報に債務整理や支払延滞などの金融事故情報の記録が最長で10年ほど記録が残るためです。

そこで地方銀行や信用金庫、信用組合のプロパーローンを利用するという選択肢があります。

金融ブラックとは

ブラックOK審査甘い住宅ローンは「プロパーローン」を利用する

プロパーローンは金融機関が調達した資金を、金融機関側がリスクを背負って貸し出す仕組みです。保証会社を通さないので審査が甘いという特徴があり、通常の住宅ローン(アパートローン)で審査に落ちてブラックリスト化されていたとしても、通る可能性が高いと言えます。

住宅ローンの場合、保証会社の保証を付けることが融資条件の一つになりますが、プロパーローンの場合は保証会社を通すことなく審査されるため通る可能性があります。

【ブラックOK審査甘い】プロパーローンとは

ローンを組むとなると、色々な審査が待ち構えています。毎月のローンを支払う能力があるかを現在から将来に至るまで想定し、支払い能力を加味して審査を行います。

特に住宅などの高額な買い物の場合、審査の基準も厳しくなり、保証会社の保証を得ることができず融資を受けられないことがほとんどです。最近では金利が下がっているため、より審査が厳しくなる傾向になってきています。

一方のプロパーローンは、保証会社を通すことなく金融機関の独自の審査で行う方法で比較的審査の難易度が低いとされています。

このため一定の収入があっても住宅ローンの審査を通らないこともあり、このプロパーローンを利用する人が増えているようです。もし審査に通らなかったらこの方法を試してみるのも、良い選択となります。

【ブラックOK審査甘い】プロパーローンの探し方

「プロパーローン」とは、「固有の」「特有の」という意味の「proper(プロパー)」と「loan(ローン)」を合わせた意味を持ちます。不動産を購入する際、ほとんどの方は住宅ローンを使用する人が多いですが、年収・年齢・勤続年数や物件の状態などによって審査が通りにくい人がいるのも事実です。

一方で、「プロパーローン」は、各金融機関が独自の審査基準やプランで貸し出しているローンで、保証会社が要らず融資へのハードルが低くなる、保証料が不要などのメリットがあります。取り扱いがあるのは、一部の地方銀行や信用金庫、信用組合などです。

探し方としては、実際に自分で窓口に行って話を聞くのは時間と手間がかかりますので、比較サイトでの情報収集や、各金融機関のプランの比較、不動産業者からの紹介などで自分に最適なプロパーローンを見付けることが大切です。

【ブラックOK審査甘い】プロパーローンの注意点

家を購入する際に利用できるローンには、保証会社を通して審査するアパートローンと、保証会社を通さず各金融機関の独自の基準で審査するプロパーローンがあります。金融機関がリスクを取って融資することで収益を確保する方法のため、比較的審査が甘く、アパートローンの審査で落ちた人でも通る可能性があります。

一方で注意点もあって、リスクを金融機関が取る分支払う金利も高めに設定されていることが多いのが特徴です。このため、もし利用を検討する際は審査は厳しくとも利率の低いローンを検討してからにすると良いでしょう。

また、各金融機関により金利が微妙に異なります。プロパーローンを検討する際も複数の金融機関を比較するとメリットがあることを覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

ブラックOK審査甘い住宅ローン「プロパーローン」以外の方法

プロパーローン以外で住宅ローンを組みたいと考えているなら、相談できる窓口を設置している会社があるので、自分の状況などを相談する事をおすすめします。

【ブラックOK審査甘い】住宅ローン相談会社に相談する

住宅を購入するために、住宅ローンを組みたいと考えているものの、審査を通過できるか不安という方もいるでしょう。

審査の通過に関する不安を抱えているのであれば、住宅ローン相談会社に相談するのも1つの手です。住宅ローン相談会社に相談することで、自分の状況にあった比較的審査を通過しやすいところを紹介してもらえるかもしれません。

相談無料の「住宅ローン相談窓口」などインターネットで検索すると見つかります。

また過去に借金の返済でトラブルがあるなど、ブラックリストに載っているため住宅ローンが組めるか不安という方もいます。ブラックリストに載っている状態なら、現在の収入が安定していても住宅ローンは組めないので注意が必要です。

数年待てばブラックリストから削除される事もあるので、その後で住宅を購入するのも1つの手です。今すぐに家を購入したいという場合には、ローンの名義を親や配偶者など違う人にするという選択肢もあげられます。まずは住宅ローン相談会社に相談して、どのような選択肢が考えられるのか検討しましょう。

【ブラックOK審査甘い】不動産担保ローン日宝に相談する

日宝は不動産担保ローンを手がけて33年の実績を有する貸金業者で主要都市を始め、日本全国に対しての融資にも対応しています。審査の甘さに関しては、不動産などの担保を所有している場合には優れており、過去に金融事故を起こしてブラックであっても相談を行うことが可能です。

もしブラックに該当する方は、融資前に電話をすることになりますが、そこでスタッフに尋ねてみれば誠実に回答をしてくれます。不動産担保ローンでは抵当権がよく設定されていますが、それは順位の問題が存在します。

仮に抵当権が付着していない場合には、審査自体も甘くなる可能性もあるので、日宝に相談を行うことは適しています。融資事例では複数社に借金をしている場合には、日宝の不動産担保ローンを利用して債務を一本化する形にし、月額で返済を行っていけば良いでしょう。

特に他社に借金が存在する場合に、日宝に相談してみると月額の返済負担を減らすことに繋がる場合があります。無料で申し込みが可能なため、不動産を所有していながらお金に困っている場合に利用すると良いです。

ブラックOK審査甘い住宅ローンは、金融ブラックで審査に通らずお困りの方やお悩みの方におすすめ

過去にブラックになってしまっても住宅ローンを組んで家を購入する方法は、全くないわけではありません。中には審査甘い金融機関もあって、そこなら条件が揃えば通る可能性は高くなります。

審査に通りやすくするには、頭金を十分に揃えることで、多いほど必要な融資額も減って審査も甘くなります。

手持ち資金割合を融資希望額に対し増やすことで、家を買える可能性が高くなりますが、ブラックというマイナスの状態からなので、通常よりも多めに資金を用意することが大事です。手元にこれだけの資金があることを知らせれば、融資に関しても前向きに検討に入ってくれます。

また、新築を抵当権に設定すると、融資をする金融機関からすると比較的貸し倒れリスクが少なくなります。例えば、借主がローンを返済できなくなっても買った家を売却して返済に充てられます。

銀行などの金融機関は抵当権で優先的に返済が受けられるためリスクも減り、ブラックでも抵当権があればローン返済に期待が出来ると考えてもらえます。頭金を余裕をもって用意したり、抵当権設定で審査を通りやすくすることは可能です。

タイトルとURLをコピーしました